スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
おじいちゃんの死
夜。妹からおじいちゃんが危篤との電話が入りました。
妹と母が病院へかけつけましたが、すでに息を引き取った
後でした。

96歳のおじいちゃん。急性心不全が死因でしたが
大病もなく、あまり苦しむ事もなく、大往生だったと思います。
戦争で首に銃弾を受け、粉砕した弾は手術では取れず
いまだに残ったままだったと聞いています。

子供7人、孫17人、曾孫28人。

9時に自宅へ搬送され、私もかけつけました。
兄弟、孫、曾孫。たくさんの親族が集まっていました。

枕経というお経を花井寺の和尚様が来て読んでくれました。
『たくさんのご親族に見守られ、おじいちゃんも
喜んでいると思います』
和尚様からの優しいお説経がありました。

友引の為に通夜が2日がかりになりますが
『おじいちゃんゆっくりしたかったんだよ』
『早く追い出したら可哀想だからゆっくりさせてあげよう』
みんな温かくおじいちゃんを見守っていました。

横で座っているおばあちゃんも耳が遠くなってしまって
ずいぶんと小さくなってしまいました。
気が抜けてしまったよう・・・
おばあちゃんには頑張って長生きしてもらいたいです。

おじいちゃん、96年間お疲れ様でした。
天国からたくさんの孫、曾孫達の成長を見守って下さい!


スポンサーサイト
[2006/12/22 02:08 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<一週間を振り返ってみました・・・ | ホーム | 断乳 2日目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki14suke17.blog80.fc2.com/tb.php/47-05742b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。